関節痛において、関節リウマチであることが判明した場合には、入浴は大変に効果的です。全身浴が無理なときは、患部の局所浴だけでも毎日行います。浴料には、リュウノギクの葉、実や葉を摘んだ残りでもよいのでシソ、イヌコウジュ、ナギナタコウジュ、ハッカの葉、ひねショウガ、ネギ、タマネギ、ラッキョウ、にんにく、トウガラシ、クスノキ、ニッケイ、ゲッケイジュ、クロモジの葉、サンショウ、イヌザンショウの葉など、なんでも手近なものが利用できます。漢方の処方例としては、麻杏よく甘湯の処方は、麻黄4から6グラム、アンズの種子3から4グラム、ハトムギの果実6から10グラム、カンゾウ3から6グラムです。麻黄加朮湯の処方は、麻黄4から6グラム、アンズの種子3から4グラム、ニッケイの根皮4グラム、カンゾウ2から6グラム、オケラの根皮3から5グラムです。麻黄附子甘草湯の処方は、麻黄3から4グラム、トリカブトの根0.2から0.5グラム、カンゾウ4から6グラムです。

Copyright © 2002 www.slipperfairy.com All Rights Reserved.